魚の目・たこの芯の取り方、除去方法。放置すると周りにうつる?

魚の目・たこの芯の取り方、除去方法。放置すると周りにうつる?

– この記事は書きかけの記事です –

魚の目・たことは?

以前、転倒して右足を痛めてから、しばらくして左足の裏に魚の目ができるようになりました。ちょうど、親指より少し下の膨らんでいる部分です。
はじめは何かな、と思い削ってみたりしましたがすぐに固くなって盛り上がります。この魚の目が最近痛くなってきて、歩くときに激痛が走るようになり悩んでいます。
魚の目をなおしたいのですが、どうしたら良いですか?
このまま放っておいたら治るでしょうか?できれば、自然に治ってくれたらな、と考えています。
また、たまに痛みが強く出るので、やすりで削っていますが、この対処法は合っていますか?
足の指にできた魚の目が大きくなると痛くて歩き難いのが悩みです。足指の横側にできているので踏ん張ると魚の目が靴に当たって非常に痛いです。
爪切りなどで切ってもすぐに魚の目が再発しますし、対処法がまったく無くて悩んでいます。
魚の目ができにくい靴、または、既に魚の目ができてしまっている人が履く事で普通の靴を履くよりも魚の目が治りやすい靴という物があるのか知りたいです。
もしあるならどういった靴なのか具体的に特徴などを教えてほしいです。

 

魚の目の病院での治療法

足の指の付け根に魚の目があります。小学校の時から出来てはけずるのですが、すぐ復活してなくならないのが悩みです。
また、ヒールの靴をはいた場合、魚の目のところにちょうど体重がかかるため痛くて立ち仕事がつらいことが悩みです。
魚の目を再発させずに根本から治す方法について知りたいです。

市販薬

特にけずったりすると痛みを感じることがあるので、痛みを感じずに治す方法があれば知りたいです。
また、魚の目が出来る人と出来ない人の違いについても知りたいです。

スピール膏

1年ほど前から足の親指の付け根の少し下の膨らんだ部分の頂点に魚の目が出来てしまいました。
足の裏ということで普段目に触れず、特に痛みもないので常に気にしているわけではないですが、友人宅等で裸足になることが出来ないので治療しようかと悩んでいます。
出来れば病院に通わずできる痛みの少なく手軽にできる治療方法と今後新たに魚の目を作らないように普段の生活の中で気を付けるポイントがあれば知りたいです。
また魚の目が出来る原因や生活習慣があれば知りたいです。

 

手術

両足の裏の同じような場所に数箇所ずつ魚の目があります。歩いている時に痛くなる時もあり、大きくなり痛みが酷くなったら、爪切りなどで膨れ上がってきている表面を切り落としています。
根っこから取りたいので、かなり深く切り落とすのですが、また同じように魚の目が出来て、同じことの繰り返しです。
魚の目の処置として、市販薬なども使用して見ましたが、どれも効果がなく、同じ場所に同じように魚の目がてきてしまいます。
爪切りなどて、血が出るくらいまで削り取ったりもするのですが、根っこから取れることはなく、魚の目が再生してしまうことを繰り返してしまいます。
どのような処置をしたら、魚の目が完全になくなるのかが知りたいです。

液体窒素

魚の目が出来てしまいました。一応魚の目テープなどで、治療兼ガードみたいな事をしていますが、それでも痛いし蒸れてジュクジュクになってしまいます。
自分で取ってしまうと雑菌にやられて余計ひどいことになってしまいそうでこわいです。
靴の材質やインソールで魚の目の痛みと蒸れによる悪化を防ぐ(和らげる)事は出来るのでしょうか。
歩き方や靴の選び方、靴の形状、かかとの硬さ等で魚の目の出来やすさみたいなものは変わって来たりするのでしょうか。

足の指を削る

最初はイボなのかと思った。見た目がイボのようで、足裏とはいえ、ツルツルではないため自分の足の裏に自信がないです。
サンダルの時期とか、周りから見えないところにあっても、特に自信が持てなくて嫌なのが悩みです。
なぜ魚の目ができてしまうのか、できる仕組みとその原因。出来てしまったあとの治療や対処法や、どんな人がなりやすいのかなどを知れたら良いです。
また、予防方法などがあったら具体的な内容について知りたいです。

 

魚の目のできる原因

両足の親指横に魚の目ができているのですが、左足の方だけ痛みがあり靴を履くのが憂鬱です。
昔からあったのですが痛みが出てきたのはここ数年のことで今では革靴などはとても履く気にはならないといった状態でどうしたものかと悩んでいます。
魚の目を風呂上がり等に自分で削ったりしていいのか?それともそれは良くないことなのか?
又、病院等には行かずに市販の薬や貼物等で治すことはできるのか?予防には何を一番気を付ければいいのか等の正しい知識が欲しいです。
足の指の側面にかなり大きな魚の目が出来ています。歩くと痛いのですが、靴が合わないのかと思い、新しい靴を買わなくては、とずっと思っていました。
でも指と指の間を見てみると固くなった魚の目ができているのがわかりました。
お風呂に入ると皮膚が柔らかくなるので自分で皮をむいてとってしまいたいと思うのですが、それも痛くて取れません。どういう治療法があるのか、悩んでいます。
まず、どういう治療法があるのかを知りたいです。
薬だけで治るのか、皮膚科に行って外科的な処置をとらなくてはならないのか、また、完治するまでにどのくらいの時間と費用がかかるのか、具体的なことを知りたいと思っています。

 

魚の目を予防するには

足の裏に魚の目ができており、歩行の際に痛みが伴うため、絆創膏などを貼り付けて生活しております。
定期的に削ったりして大きくなるのを防いでいる状態です。足を踏ん張ったりしたら激痛が走りとても困っています。
下手につついたりしたら血が出たり、痛みが出たりします。放っておくとだんだん大きくなって靴下をはいたりするときにとても気になります。
日常生活に支障が出ない程度でいいので、何か良い薬などがあれば教えてほしいです。
いつも同じ位置に出来て困っています。
その度に病気に行き処置をしてもらうのも手間がかかります。市販の魚の目絆創膏や防止グッズで対策をするのですが、限度があります。
また、歩行時に痛みを伴うので非常にストレスがかかります。なぜ一か所に、繰り返し魚の目が出来るか気になります。
靴によって魚の目が出来にくいものがあれば即購入したいです。オーダーメイドの靴で魚の目が出来にくくなるのであれば、どの様な種類の靴を制作してもらうことが出来るか知りたいです。

 

魚の目予防のための靴選びや歩き方

数年前にできた魚の目が痛くて、市販の治療薬を湿布しましたが治らず、結局皮膚科に行きました。
焼いてもらってその時は綺麗になくなったように見えましたが、また数か月後に再発。繰り返される痛みに困っています。魚の目ができる原因が知りたいです。
一度治してもまたすぐにできてしまうので、原因から探っていかないとずっと同じことの繰り返しです!
あと、魚の目はウイルスなので感染するのでしょうか?痛みがあまりなければ放置してしまいがちですが、放っておいたらどうなるのでしょうか?
何度も同じところに出来ることが、私が魚の目に悩んでいることの一つです。
右足の親指側の背伸びをするとちょうど使う部分に何度も何度も魚の目が今までにできています。左足にはできませんし、別の部分にはできません。
足にあった靴はどのような部分が合っていることなのかを知りたいです。魚の目ができる原因は、靴のサイズが合っていないことと聞いたことがあります。
しかし私は、違う靴を履いていても同じところに魚の目ができてしまいます。
そこで、足にあった靴とは、縦幅や横幅、甲高など様々な部分のうち、どの部分がぴったりなのが一番大事なのかが靴職人さんに教えてもらえたらなと思いました。

ご相談・お問い合わせ

PAGETOP