内反小趾の原因について。内反小趾にならない歩き方と靴の選び方

内反小趾の原因について。内反小趾にならない歩き方と靴の選び方

– この記事は書きかけの記事です –

内反小趾とは ~足の小ゆびのつけ根の痛み~

内反小趾とは、足の小ゆび(小趾)が薬ゆびに向かって「く」の字に曲がり、小ゆびのつけ根(関節)が突き出てくる症状です。突き出た関節そのものが痛むことは稀で、基本的には突き出た足の小ゆびのつけ根が靴に当たって痛んだり、足の小ゆびのつけ根の下に角質できて、それが痛むこともあります。関節の炎症による痛みではないため、整形医学的な観点ではあまり問題になることはありませんが、靴を履いて歩くという日常生活において多くの方が悩んでいる症状の一つです。

内反小趾で悩んでいる方のお話を聞くと、

  • パンプスや細めの靴を履くと小ゆびが当たって長く歩けない。
  • スニーカーでも長時間歩くと足の外側が痛くなる。
  • 靴の小ゆびのつけ根の革が破ける。
  • 靴があたってしまい、足の小ゆびがこすれて痛みが出る。 特に長時間歩いた時、長時間立っていた時に顕著。
  • サッカーや野球のスパイクなど、競技専門のスポーツシューズが痛くて履けない
  • 見栄えが気になる。
  • おしゃれな靴がはけない

など、どれも日常生活で苦労しているのがうかがえます。

なぜ、内反小趾になってしまうのか?

内反小趾は生まれつきということはなく、後天的に変形していく症状です。順序としては

  1. 足の幅が広くなる(横アーチが崩れて開張足になる)
  2. 足の外側に強く荷重がかかる
  3. 足の小ゆびのつけ根の骨が外に押し出される。
  4. 足の小ゆびを引っ張る筋肉の力で、足の小ゆびが薬ゆび側にむかって曲がっていく

という過程を経て内反小趾になると言われています。

では内反小趾になりやすい人はどんな人でしょうか。基本的には1と2の条件がそろいやすい足型、ということになります。

まず内反小趾になりやすい足の形の特徴には、「土踏まずが高い」「甲が高い」ということが挙げられます。この「土踏まずが高い」「甲が高い」という特徴はどうやって決まるのかというと、半分は遺伝的形質によるものです。ただ「内反小趾そのものが遺伝する」ということではなく、あくまで「内反小趾になりやすい骨格が遺伝する」ということになります。そして、もう半分は後天的な要素です。基本的な骨格が決まる6歳くらいまでの運動量によって、骨格が決まると言われています。6歳くらいまでの運動量が多く、足が発達すると「土踏まずが高い」足になります。

その意味では「土踏まずが高い」ということは、足の筋力が発達している「良い足」と言えます。運動が得意な人、足が速い人に多い足型です。そのため土踏まずが高い人が必ず内反小趾になるわけではありませんが、このタイプの足型は筋肉が発達しやすい反面、硬くなりやすいという特徴があります。

特に足首が硬くなると、足のつま先側に力がかかるため、「足の幅が広くなる」という内反小趾の要因の一つが発生しやすくなります。また「土まずの高い足」は、足の内側が浮いている分「足の外側に体重がかかりやすい」という特徴があるので、外側荷重が強くなると足の小ゆびのつけ根に強い力がかかって変形が助長されてしまいます。

また、こうした特徴は歩き方にも影響がでてきます。足首の硬さが影響し、地面を強く蹴るような歩き方になる人は要注意です。よく「地面を蹴って歩く」ことが良いことだと思って歩いている方がいますが、意識的に地面を蹴ることは決して良いことではありません。地面を蹴ろうとすればするほど、足ゆびのつけ根に力がかかりすぎてしまい、内反小趾の前段階である開張足になってしまう可能性があります。

 

簡単内反小趾チェック方法

内反小趾かどうかを正確に診断するには、整形外科でレントゲンをとり骨と骨の角度を調べる必要がありますが、自分である程度目安をつけることはできます。

足の外側を壁につけたとき、壁の線を0度として小ゆびがどのくらいの角度で離れているか、を見てみます。10度以上はなれていると軽度の内反小趾の可能性が高いといえます。また足の小ゆびのつけ根が大きく盛り上がっている場合は、その盛り上がりがないものとして角度をみてみます。その盛り上がりは滑液包炎(バニオン)とよばれるもので、正確には内反小趾そのもではなく関節を守るパットのようなものが炎症を起こして大きくなっている状態です。

こうしたチェックはあくまで目安です。気になる人は病院や専門の靴屋さんで見てもらいましょう。ただ内反小趾は医学的に大きな問題があるというより、形状による日常生活における問題がほとんどですので、軽度であればそれほど深刻になる必要はない症状と言えます。

 

内反小趾の矯正方法や対処法

残念ながら成人になってからの内反小趾の矯正は難しく、手術以外の方法はありませんが、内反小趾を悪化させない方法はいくつか考えられます。

 

 

履いているパンプスが原因だと思いますが、仕事上、パンプスを履かないわけにもいかず、どうしたら改善できるか悩んでいます。 内反小趾ができるメカニズムや、毎日気軽にできる改善方法や、どれぐらい続けたら改善できるのかなどを、医師や専門家などの見解を交えながら知りたいです。

また、同じ悩みを抱える人たちの製品(改善方法)レビューなどもあるとうれしいです。 小指の骨が出っ張っていることにより、足自体のサイズは小さい方なのに横幅でサイズが入らなくて困っています。また先が尖ったヒールがすごく好きで履きたいのですが、足の形的に履くことが出来ないのがとても残念です。

どうしたら治るのか、治すことはできるのか知りたいです。それと治らなくても、痛みを少しでも和らげる方法も知りたいです。また子供が生まれたのですが、将来子供も、内反小趾で悩むことになってしまうのか心配です。

 

内反小趾にならない歩き方

 

内反小趾にならない靴の選び方

高校生でバイトを始めた時に指定の靴が合わずに内反小趾になってしまいました。 それからはヒールを履いても小指の付け根がすごく見えてかっこ悪かったり、コンバースのようなつま先が細身のスニーカーを履いているとすぐに痛くなったりするのが悩みです。 何が原因で発症するのかと、それに対する個々の改善方法。

また医者に治してもらう場合の医療費がいくらするのかと通院期間と酷い場合は手術になるのかどうか。 お手軽に買える内反小趾の矯正グッズもあれば知りたいです。

内反小趾になってしまい病院に行ったのですが靴が足に合っていないと言われて、足の計測をし高い靴を買わされたのですが一向に改善せず、医者に相談してもいずれは改善されて直りますとしか答えてもらえず、どうしたらよいか分からないです。 内反小趾を治療するためには1番何が必要なのかが特に知りたいです。

他には具体的に痛みを和らげる方法やなぜ内反小趾になってしまったのか、ならないためにはどういったことに注意して生活をすればよいのかということが知りたいです。

 

オーダーインソール

小指が外側を向いているので、どんな靴であっても小指が痛くなってしまう。特に、テーマパークや広い動物園などで一日中歩く時は、必ず靴ずれして小指の皮がむけて出血してしまう。

仕方ないので、たくさん歩くときはあらかじめ小指にばんそうこうを貼ってから出かけている。また、そういう時はとにかく折れているのではないかと思うほど、骨に痛みを感じる。 痛くならない方法を知りたい。

また、ヒールのある靴は確実に痛くなってしまうので、どんな対策をすれば痛くならないかのか知りたい。 歩き方や靴で完治できるのなら、直接指導してくれるお店に出向きたい。 無理であれば、市販されている靴でおすすめを知りたい。 私は服に合った靴を選んでオシャレはできません、それがとても悲しい悩みです。

可愛い靴やカッコのいい靴が沢山ありますが。そんな靴を履いたら足が痛くて辛いのでやっぱり決められた靴しか履く事ができません。それが悩みです。 私と同じような悩みを持っている人は皆さんどうしているのか知りたいですね。

もしくは何か他にも内反小趾の事を色々わかれば助かりますどんな靴を履けば散歩もお出かけも楽しくてオシャレもできるのか教えて欲しいです。

ご相談・お問い合わせ

PAGETOP