シュナイダー・オーダー会 ~細い足・薄い足の方専門の靴ブランド~

シュナイダー・オーダー会 ~細い足・薄い足の方専門の靴ブランド~

◆シュナイダーオーダー会 ~細い足・薄い足の方専門の靴ブランド~ ◆

前回から好評をいただいている、細い足・薄い足専門の靴ブランド「シュナイダー」のオーダー会を開催いたします。

【日時】2019年6月7日(金)・8日(土)・9日(日)※完全予約制

【場所】ドイツ足の健康館 赤い靴 横浜元町本店

【内容】サンプル画像や革見本から希望のデザインや色を選択し、PC上のシミュレーション画像を見ながらご注文いただけます。

【応募方法】メールかFAXにてお申込みください。✉ motomachi@akaikutsu-shoes.jp   FAX.045-664-2114

申し込み詳細はこちら オーダー会申し込み書 

※〆切りが6月2日までとなっていますが、まだ空きがありますのでご希望の方は元町店に問い合わせてみてください。

カラーオーダー例 カラーオーダー例

◆Schneider シュナイダーについて◆

スイスの靴職人シュナイダー氏が、細くて薄い足で合う靴がなくて困っていた奥様のために立ち上げた靴ブランド「シュナイダー」。靴の先進国であるヨーロッパ中でも「細い足や薄い足専門の靴」というのは、当時とてもめずらしいことでした。しかしながら、足の細さから合う靴がなくて困っている女性達の支持を着実に集め、今ではヨーロッパの中でも細い足・薄い足専門ブランドとして確固たる地位を築いています。

その特徴は「足の黄金比による設計」「独自の土踏まずサポート」「踵の細さ」「職人によるこだわりの靴づくり」です。

1.足の黄金比による設計

人間の足は黄金比を設計されているというシュナイダー氏の考えにより、解剖学的にもとづく機能性といつまでも飽きのこない美しさを両立させています。実際にシュナイダーの定番パンプスであるNO.258は日本でも20年以上にわたって変わらぬ定番であり続けています。

2.独自の土踏まずサポートと踵の細さ

健康な足を維持するためにシュナイダーシューズは独自の土踏まずサポートを採用しています。他社製品よりも長めの土踏まずのサポート芯を入れることで、踵から土踏まずの圧倒的なフィット感を実現しています。踵から土踏まずにかけては絞り込むような木型で設計されているので、靴の革で土踏まずを持ち上げることができます。いうなれば誰かに土踏まずをつかんで支えてもらっているような安心感です。細くて薄い足の人は、足の靭帯構造が柔らかいことが多いため、しっかりと支えてくれる構造は足の健康にとってとても大事な要素になります。

3.踵の細さ

踵の細さは単に容積が狭いということではありません。むしろ安定性を保つために踵が設置する踵部分の靴底はそれなりの広さがあります。全体重を受ける部分ですから、しっかりとした土台が必要です。シュナイダーの踵の細さは、履き口の踵の部分の細さです。人間の足は足首に向かって細くなっていきます。踵からアキレス腱にそって足をみるとちょうどくるぶし付近が細くなるのですが、この部分をぎゅっと細く作っているのがシュナイダーの特徴です。

4.職人によるこだわりの靴づくり

シュナイダーシューズは靴のサイズごとに、それぞれのパーツの大きさを微妙にかえることで、どのサイズでも踵のポジションを適切な位置に保つことができます。少数精鋭の職人たちが、目に見えない細かな部分まで妥協せずに作りこんでいる。これが世界で支持されるシュナイダーの品質であり信頼の証でもあります。

日本では私たち「ドイツ足の健康館 赤い靴」が最も多い取り扱い量を担っています。細い足、薄い足、踵の細い足で悩む人は日本に数多くいらっしゃいます。私たちは20年以上こうした細い足の方にシュナイダーを販売してきた専門知識と調整技術がありますので、合う靴がなくて困っているかたは、ぜひ一度ご来店いただければと思います。

 

 

PAGETOP