足の症状|外反母趾の痛み その靴選びとインソール

足の症状|外反母趾の痛み その靴選びとインソール

外反母趾の痛みとその靴選びとインソール(中敷き)

多くの女性が悩む外反母趾。そのメカニズムと、外反母趾の靴の選び方、インソール(中敷き)の外反母趾への効果、予防する歩き方などをまとめました。

その他の「足の親指(母趾)の痛み ~強剛母趾~」はこちら

◆外反母趾とは

ご存知かと思いますが、外反母趾とは足の親指が人差し指側に向かって曲がってしまった状態を指します。正確には足の親指の中足骨という細い骨と、曲がってしまった親指の骨の角度が15度より大きくなると外反母趾といわれます。外反母趾の痛みは「親指の骨が靴に当たって痛い」というのがまず第一にありますが、変形過程の「関節の痛み(炎症)」「外反母趾に付随する滑液包炎」「タコ、魚の目」「神経圧迫」「巻き爪」など様々です。

◆どうして外反母趾になるの?

外反母趾は、まず開張足という、足の指の付け根の関節で形成される横アーチが崩れ、足の幅が広くなる症状から始まります(下図参照)。開張足は足の指のつけ根に体重が継続的にかかることで、骨と骨をつなぐ靭帯組織が伸ばされて広がっていきます。それにより足の親指(母趾)の位置が変わり、さらに足の親指への荷重が強くかかると親指が強く押し出されると同時に、自分の足の筋肉(母趾内転筋など)が親指を引っ張り込んでしまいます。

少し難しい話なので、大まかに外反母趾の原因を挙げると

・前足部に継続的に負担がかかり足指のつけ根の靭帯組織が横に伸ばされる

・立っているときや歩くときに足の親指(母趾)に過度に負担がかかっている(縦アーチの低下)

・筋肉の柔軟性が失われ、足の親指(母趾)についている筋肉が、足の親指を人差し指側に引っ張り込んでしまう

の3つになります。これらが複合して外反母趾が発生すると考えられますが、これらを考慮して靴選びや歩き方に気を付ける必要があります。

横アーチの崩れ

◆外反母趾にはどんな靴を選べばいい?外反母趾の靴選び

基本的には上記の3つの問題が発生しにくい靴を選ぶ必要があります。

「前足部への継続的な負担が起きにくい靴」は、紐靴やベルトなど何かしら足を抑えるものがある靴です。ハイヒール、スリッポン系の脱げやすい靴なので、残念ながらできれば避けた方が良いということになります。どうしてもヒールを選ばないといけないときは、なるべくヒールは低く、踵のフィッティング良くて、足が前に滑っていかないものを選ぶようにすると良いでしょう。またできれば靴底が丸くなっている靴(ローリングといいます)だと負担はさらに少なくなります。

「親指への負担を軽減する靴」は、土踏まずのサポートがある靴や医学的に考慮されたインソール(中敷き)があるものを選ぶと良いと思います。土踏まずのサポート(内側縦アーチサポート)は足の親指(母趾)に過重を軽減してくれます。また足の幅である、横のアーチの低下を防ぐサポート(中足骨サポート)もあると望ましいです。そうしたものがついていない靴を選びたい場合は、専門店で追加で調整してもらったり工夫することで、好きなデザインでもある程度負担を軽減できるかと思います。(もちろん加工できないものもあります)

最後の「筋肉に親指(母趾)を引っ張らせない靴」は少し難しいですが、なるべく足の骨格を正常に近い状態にしてもらえるものを選ぶ必要あります。具体的には土踏まず回りが細く絞られた靴です。つま先側はむしろ広くていいですが、土踏まずや甲周りが細くきゅっとしまっていると、中足骨と言われる足の骨の束がまとまり、母趾が引っ張られにくい状態になります。もちろんインソール(中敷き)も同じ効果があるので、そういったものがついているとなお良いでしょう。またもう一つ大事なことに、足先の指の動きがとれないと、足の裏の筋肉が拘縮しどんどん親指を引っ張り込んでしまいます。捨て寸に余裕をもち足先が動かせる靴を選び、筋肉を柔らかくしておくことが重要です。

◆外反母趾とインソール(中敷き)

靭帯が伸びることで骨格の変形が起きるという点から考えると、外反母趾には医学的に考えられたインソール(中敷き)や、その人に合わせて作るオーダーインソール(中敷き)が非常に有効だと私たちは考えています。オーダーインソール(中敷き)は足の裏の3つのアーチと呼ばれる、内側アーチ(土踏まず)、横のアーチ、外側アーチを骨格から立体的に支えます。足裏の前足部にかかる負担を土踏まずに分散させ、足の親指(母趾)にかかる負担を軽減してくれます。

また外反母趾の方は、足の人差し指と中指の下にあるタコや魚の目の痛みで悩んでいる方が多いのですが、インソール(中敷き)が横アーチを作ってくれるので、タコや魚の目にかかる圧力を軽減し、痛みを和らげることができます。

◆外反母趾に有効な歩き方

外反母趾には、姿勢や歩き方も大きく影響します。基本的には前足荷重をやめること、地面を蹴りすぎないこと、になります。よく勘違いされている方が多いのですが、メディアや一般的に言われている「大股で地面を(意識的に)蹴って歩く」という歩き方は、外反母趾にとっても姿勢にとっても実はあまり良い歩き方ではありません。できるだけ踵の真ん中でしっかりと着地し、自然に(無意識に)つま先側荷重していく歩き方をしてもらった方が、足の親指に負担をかけずに歩くことができます。

ただ歩き方はその人の姿勢や歩き癖がありますので、アドバイスの内容も人によって変わります。当店では歩き方も教えていますので、ぜひご利用ください。

◆最後に

外反母趾の靴選びやインソールについて、あくまで一般的なことを書かせていただきました。ただ実際はひとえに外反母趾といっても千差万別です。外反母趾があってもまったく痛くない人もいれば、痛みがある方もいます。また外反母趾に付随して、足の裏の魚の目や角質が痛い人もいます。実際に足を見させてもらうことでさらに具体的なアドバイスができると思いますので、詳しくは店舗までご相談ください。

※足の親指は、正しくは母趾と表現しますが、ここでは便宜上親指と表記しています。

※当記事はあくまで参考情報です。医師の診断を優先してください。

 


店舗案内|ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)・バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)・MBTウォーキングショップ(横浜元町)

足に良い靴選び / オーダーインソール(中敷き)の作製 / オーダーシューズの作製

PAGETOP