種子骨障害のお客様

種子骨障害のお客様

他のブログでも紹介しましたが、「種子骨障害のお客様」のお話です。

先日、病院で作ったインソール(中敷き)を入る靴を探しにきたお客様がおられました。拝見するとなかなか分厚いインソールです。どんな理由でインソール作ったか聞いたところ、足の裏の親指(母趾)の付け根が痛くなったから、とのこと。病院での診断は種子骨障害だったようです。

種子骨障害は足の裏の親指付け根の下にある、小さな2つの軟骨が割れたりヒビが入って炎症を起こしている状態です。なので足の親指に体重が乗るとなかなかの激痛です。

今回お探しの靴は「仕事用に履ける靴」。これは結構むずかしいですね。というのは問題は作ってもらったインソール。とにかく厚くて入る靴がない!ということでした。実際お客様もニューバランスのスニーカーに入れてこられましたが、やはりお仕事ではきたいデザインの靴にはなかなかうまく入りません。

本当は当店でオーダーインソールを作ってもらえれば、その靴その靴にうまく合わせることことができるので、一番良いことは良いのですが、せっかく作ったインソールを活かしたいとのこと。たしかにもったいないですよね。ということで靴選びを開始しました。

種子骨障害は靴底がよく曲がる柔らかい靴はNGです。それは靴底が曲がるときに種子骨に一番負担がかかってしまうからですね。できればローリングシューズといって、靴底は硬めで、自然と転がるように反り上がってる靴が有効です。もちろん中敷きも医学的に配慮されたものがいいのは間違いありません。

仕事で履けそうなローリングではないデザインのピコリーノスなどもお見せしたものの、個人的には早く治してしまった方が良いと思いローリングソールの代表格、MBT、ガンターアクティブ、フィンコンフォート のフィンナミックシリーズをお勧めしました。

それらのローリング靴を実際履いていただくと親指の付け根は全然痛みがないとのこと。でも、お客様的に仕事で履いていくためにはもう少しおしゃれ度が必要なようです。ここはお客様が何に一番重きを置くかで判断が変わってきます。最良のものは提案しますが、やはりご自身で納得することが必要です。

結局今回は機能的な弱点はあるものの、見た目がすっきりしつつ、インソールが入る黒い靴とのことでピコリーノスを選ばれていきました。ローリングソールの靴に後ろ髪を引かれつつの決断だったようですが。。。

健康靴屋さんとしてはちょっとだけ残念ではありましたが、ちゃんと履き比べてその靴の良いところ、悪いところをしっかりと比較されて決断されたことはとてもいいことだと思います。

ピコリーノスは靴の機能がドイツ靴よりも劣るため、足の裏の親指に負担がかからない歩き方を少し覚えて帰っていただきました。早く治してまた好きな靴を履けるようになってもらいたいですね。

種子骨障害にはローリングソールシューズがおすすめ

 

 

 

 


ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)

バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)

MBTウォーキングショップ(横浜元町)

の店舗案内はこちら

PAGETOP