膝の症状 | 膝の内側が痛い ~変形性膝関節症~ その靴選びとインソール

膝の症状 | 膝の内側が痛い ~変形性膝関節症~ その靴選びとインソール

膝の症状 | 膝の内側が痛い ~変形性膝関節症~ その靴選びとインソール(中敷き)

膝の痛みも様々な原因が考えられますが、その1つに膝の内側の代表的な痛みである「変形性膝関節症」があります。あまり知られていないですが、こうした膝の痛みは靴選びやインソールでかなり楽になります。今回は、変形性膝関節症についてと、膝の痛みに良い靴選びやインソール(中敷き)についてまとめてみました。

膝内側の痛み

膝内側の痛み(変形性膝関節症)

◆変形性膝関節症とその痛み

変形性膝関節症とは、膝の関節にある骨の頭の部分(骨頭)の軟骨部分が徐々に摩耗することで、骨そのものが出てきてしまい、直接擦れることで棘ができたり骨が変形してしまう病気です。

変形性膝関節症(左脚)

痛みが強くなる状況は

・膝を曲げるときや階段や坂の登り降り

・立ち上がるなどの動作の痛み

・歩行時に身体が片足にかから、身体が傾くとき

などが挙げられます。

また症状が進むと、膝の曲げ伸ばしがしにくくなり、膝を完全に伸ばせなくなったり、関節内で炎症がおきると水が溜まるなどの症状も出てきます。

一般的には日本人はO脚傾向の人が多いため膝の内側の変形性膝関節症になりやすいと言われていますが、X脚で外側が痛くなる人もいます。また関節そのものの痛みだけでなく、膝回りの筋力低下などから、筋肉や靭帯も複合的に痛めているケースもあるようで、実際に店舗に来られるお客様の多くは、変形性膝関節症だけでなく複合的な痛みを持っているように感じます。典型的なのは、膝小僧の付近の痛みで、これは膝蓋靭帯と言われる筋肉系の痛みになります。この場合、変形性膝関節症の調整の仕方とは違う形になりますので、靴やインソールの調整方法が変わります。

◆どうして変形性膝関節症になるの?

変形性膝関節症の直接の原因は明らかでない部分も多いのですが、一般的には年齢とともに酷使された関節面が摩耗していくと説明されています。

また、

・体重の増加

・スポーツや仕事による屈曲位での酷使

・筋力低下による膝の不安定さ

などが関節に負担をかける要素になると言われています。

◆変形性膝関節症にはどんな靴を選べばいい?

前述した通り、膝の関節が特に痛くなる時は、階段などで膝を曲げて力を出しているとき、歩き出し、痛みがある脚側に身体が傾くとき、蹴り出すとき、が挙げられます。

膝は曲げると左右への不安定さが増し、その状態で力を出すと痛みが強くなります。そのため

・左右への安定性の確保

・衝撃吸収

・蹴り出しや体重移動をスムーズにするもの

・膝が曲がらないもの、または積極的に伸ばすもの

を考慮して選ばれると良いと思います。でも少し難しいですよね。

では具体的に書いていきます。

【膝に良い靴】 

・接地面積が広いもの

・厚みのある靴底

・紐やベルトで甲が固定される

・踵周りにしっかりとした芯が入っている。

・靴底が捻らない靴(中底、あるいは底がしっかりしている。靴を雑巾絞りしても捻れない。

・革などで足が固定される素材

・立体的なインソール(中敷)構造を持っているもの

・靴底が丸く加工されていて、踏み出しが楽になっているもの

・靴底の踵側も丸く加工されていて、膝のストレッチも可能なもの(但し膝の状態による)

が挙げられます。

【膝の痛みには良くない靴】

基本的には足に良い靴の逆になりますが、上に書いていない点でいうと

・軽い靴 → 「軽い=柔らかい」ものが多く、足が動きすぎて安定しない

・ヒールが高い靴 → 左右に不安定で、膝が曲がりやすい

などが挙げられます。

「え?軽い靴はダメなの?」

と思う方は多いと思いますが「単純に軽くて柔らかい」という靴は、履いた瞬間は裸足のようで楽に感じますが、逆に膝の悪い方は裸足では悪い足の特徴がそのままでてしまうので、むしろ逆効果です。自身の足や歩き方の特徴が膝の痛みの原因になっていますから、足元から歩行をコントロールし、膝の痛みを最小限にする必要があります。

ただ勘違いしてはいけないのは、「重い=足に良い」わけでもないということです。軽くて安定感があればむしろ一番良いかもしれませんが、軽さと安定感は反比例に近い関係があります。その意味で「安定感」もあって「軽さ」を求めるのであれば、「実際に軽い」かどうかより、「軽く感じる」ことが重要です。足を安定させる靴は多少の重みがあるものが多いですが、足の裏のインソールや靴紐などで足と靴をフィットすると重さを感じません。ちょうどリュックをただ背負うより、胸や腰のベルトで密着させると軽く感じるのと同じ原理です。

◆膝の痛みに対するインソール(中敷き)

変形性膝関節症で膝を痛めている方には、上記のような靴に加えて、医学的に考慮されたインソール(中敷き)の加工や、オーダーインソールの作成をお勧めしています。インソール(中敷き)を勧めるのは以下の点からです。

・踵から膝に直接来る衝撃を和らげる(免荷の役割)

・足のアーチ構造を支えることで、安定感が向上し膝への負担が軽減する(骨格の剛性を高める役割)

・壁や傾斜をつけることで、身体が過度に揺れるのを抑え、歩行時の安定感が向上する(アクセスラインのコントロール)

・膝の変形によって出てきた脚の長さの差を調整できる(バランス・脚長差補正の役割)

靴だけではできなかったサポートが加わることで、さらに歩行の安定や痛みの軽減につながります。当店でも多くの方にインソール(中敷き)を作製していますが、一番多いのはこの変形性膝関節症です。またインソールは靴との相性によって、効果が大きく変わります。ドイツ健康靴にインソール作製するパターンが多いですが、靴がしっかりしていると、インソールの効果が最大限発揮されるので、これだけでかなり歩行が楽になります。また運動靴にインソールだけ作るということもありますが、運動靴は基本的に足が自由に動いてしまうためインソールの効果は少し薄れてしまいます。

また、よくO脚矯正に足の外側に傾斜だけ入れてほしいという方がいらっしゃいますが、これはあまりお勧めいたしません。例えば外反母趾の方に膝が悪いからといって、単純に外側の傾斜だけいれると外反母趾がさらに悪化してしまいます。大事なことは局所的に見るのではなく、全体をみることです。足の状態、足の機能、膝の曲がり具合、姿勢、腰の高さの差、筋力、歩行 etc… 

矯正的なインソールは効果もありますが、その分他の部位への影響が大きくなります。先の例でいえば、外反母趾も最大限考慮しつつ、膝の安定性を高めるためにどうするか、という視点が必要になります。その意味では、インソールと靴の両方が重要だと私たちは考えています。

今回は膝に良い靴の選び方やインソール(中敷き)についてまとめましたが、来店が可能な方は、やはり実際に足や歩行を見せていただくとより良いアドバイスができるかと思います。相談は無料ですので、いつでもご来店ください。

※当記事はあくまで弊社で培ってきた知識と経験に基づく参考情報です。医師の診断を優先してください。

参考記事 「変形性膝関節症の方にオーダーシューズ」

 


店舗案内|ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)・バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)・MBTウォーキングショップ(横浜元町)

業務案内|足に良い靴選び / オーダーインソール(中敷き)の作製 / オーダーシューズの作製

PAGETOP