足に良い靴選び | 足に合う靴がなくてお困りの方へ 

足に良い靴選び | 足に合う靴がなくてお困りの方へ 

足に良い靴選び | 足に合う靴がなくてお困りの方へ

ドイツ足の健康館 赤い靴では、ドイツ整形靴技術と知識を活かした「足に良い靴選び」「足に優しい靴選び」を、お客様のご要望をお聞きしながら行っています。当店には「足に合う靴がない!」とお困りの方が多く来店されますが、どうしたらよい靴選びができるかについてお話します。

◆「足に合う靴がない」は千差万別。

色々な足がありますから、それぞれ悩みも違います。同じ「合う靴がない」という悩みでも、掘り下げて聞くと人によってかなり異なります。

「足の小ゆび(小趾)が当たって痛い」

「甲の圧迫感が痛い」

「緩くて足が動く」

「足の裏が痛くなる、しびれる」

「くるぶしが当たる」

「足の裏のタコ、魚の目が痛い」

などなど。それぞれ解決策はあるのですが、問題の種類が違います。なので私たちドイツ整形外科的靴技術(オーソペディシューテクニック)の専門家は、まずその困りごとを「とにかく話をよく聞いて、足を調べてみる!」ということが大事になります。

 

◆元々の足の形の問題か、機能の問題か

少し乱暴ですが、大まかに分けてしまうと、「足に合う靴がない」ということはこの二つ問題に分けられます。

〈形の問題〉

例えば甲高の人は当然甲が当たりやすいですし、足の外側に力がかかりやすい傾向の人が多いため、小ゆび(小趾)に靴が当たりやすくなります。くるぶしが当たったり、また幅がキツいとうことも多いです。

逆に足の薄い人、細い人、はどんな靴でも足を入れることができる反面、どの靴も足にフィットする感覚がないため、足先が異常に緊張して足ゆびの節が上に当たってタコや角質ができたりします。

この場合、特に靴選びで注意すべきは「足の形に近い靴を選ぶ」ということになります。ただここで大きな問題があるのですが、それは自分の足が細いのか、太いのか、甲高なのかを自分が知ることはとても難しい、ということです。

というのも皆さん足を他の人とそんなに比べたりしないですよね?足が細いか太いかは、あくまで比較の問題なので、その他大勢の他人との比較がないと自分では判断できないというわけです。

そのために私たち足の専門家がいるのですが、私たちはそれこそ何千人といった足を触ってきていますので見た瞬間に、細いか太いか標準的かがわかります。よくあるのが、自分の足が太いと思って広い靴ばかり履いていたけど、実は細い部類だった、というケース。ここで間違えてしまうと、なかなか足に良い靴選びにたどり着けません。

まずは自分の足がどんな部類に入るのかを専門店などでチェックしてもらいましょう。

 

〈機能の問題〉

足の形はぴったりなのに「足に合っている感じがない」あるいは「足に痛みがある」といった場合、足の機能に問題があるかもしれません。

足の機能とは「足の骨格構造が正常に機能しているかどうか」ということになりますが、より具体的には「アーチの機能」「靭帯の固さ、柔らかさ」「筋肉の固さ、柔らかさ(あるいは強度)」がポイントになります。

人間の足は、片足で全体重を支えられるようになっていますが、それは足の骨格のアーチ構造によって強度を保っているからと言えます。この骨格構造の機能に問題がでてくると、足が疲れたり痛みが出たりします。

残念ながら、この骨格構造は年齢とともに崩れてしまいやすく、本来の足の機能が落ちてくることによって今まで感じなかった痛みや疲れを感じてしまいます。この場合、「靴が足に合わない」というのは自分の足の機能が弱っていることが原因だと言えるでしょう。

多くの方が悩んでいる、土踏まずの痛みや踵の痛み、魚の目の痛み、足のしびれなど足の裏に痛みや違和感は、基本的にこの骨格の崩れによる機能の衰えと言えるかと思います。足の骨は片足で26個の骨がありますが、この構造が長年体重を支えてきたことによって少しずつ崩れてくるので、靴や中敷きでそれを支えてあげる必要があります。

この場合、靴選びで大事なのは、靴の形に加えて特徴や機能、足の裏の問題なら中敷き(インソール)やその人に合わせた調整ということになります。これは私たち整形外科的靴技術(オーソペディシューテクニック)の専門分野です。

例えば、足の靭帯が柔らかく、グニャグニャしていて歩くとすぐ疲れる、という方の場合は、靴底が柔らかい靴を選んではいけません。靴の中底(靴底と中敷きの間)に芯が入っているものや、靴底そのものがしっかりしていて、靴を雑巾絞りみたいにねじってもねじれないようなものを選ぶことが重要です。

また柔らかい足の人は、インソール(中敷き)が解剖学的に考えれられたものがあると、足が本来の骨格形状に近づくので疲れにくくなります。具体的には土踏まずに代表されるアーチ構造があることが重要です。

◆まとめ

以上、おおまかに分けると形と機能の面で「足に合う、合わない」という問題がでてくることがおわかりいただけたかと思います。ただ往々ににして、この形と機能の問題の両方を抱えている方がほとんどです。足と靴でお悩みの方は、一度お足をみせていただけると良いアドバイスができるかと思います。無料相談もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

>>靴選びの流れはこちら

>>足のトラブルはこちら

 


ドイツの足の健康靴 赤い靴/疲れない靴・足に良い靴・健康靴とオーダーインソール(中敷き)・オーダー靴の専門店 

横浜元町店 〒231-0861 横浜市中区元町3-132 H`sビル1F  TEL.045-664-2113  

MBTウォーキングショップ 横浜元町店/姿勢・歩き方をMBTシューズで改善する歩行専門店 

横浜元町店 〒231-0861 横浜市中区元町4-163-3 元町太陽ビル1F  TEL.045-222-6009

バイタルステップ 赤い靴/ドイツを中心とした足に良いヨーロッパ健康靴とインソールの調整の専門店 

平塚店 〒254-0043 平塚市紅谷町12-27 矢嶋ビル1F  TEL.0463-20-4066 

ラスカ平塚店 〒254-0034 平塚市宝町1-1 ラスカ平塚4F  TEL.0463-86-6792 

横須賀店 〒238-0007 横須賀市若松1-15-3 NCワイズ1F  TEL.046-820-2321

PAGETOP