足と靴のトラブル|足の小指が痛い!

足と靴のトラブル|足の小指が痛い!

足と靴のトラブル|足の小指が痛い!

足の小指(小趾)が靴に当たって痛い、という悩みはありませんか? 今回はその原因と簡易的な解消法をご案内します。

◆小指が靴に当たる原因

大きく分けて2つあります。

1)足の形

スクウェアトゥといって、足の指が大体横一列になっている足の場合、足の小指の爪の方が当たることが多いです。またこのタイプは甲高の人に多い傾向があります。

2)足の動き

人間の足はまず一度踵の外側から着地し、足の外側から小指側までいったところで親指側に抜けるように動きます。一般的に右足が利き足の人は、右足側が外のラインに強く流れるので、右の小指がいつも当たる、という人は結構いらっしゃいます。また甲高の人は特に足の小指側に一度大きく体重がかかる動き(回外歩行)が強くなるので、靴に当たってしまうことが多いです。

また、その逆の動きが強くなっても小指側が当たることがあります。外反母趾や外反扁平足により、小指側が他の指に押し出されて靴に当たってしまうケースです。この場合は少し複雑な調整が必要になるので、店舗などに来て実際に足をみてもらうことをお勧めします。

◆まずはここから!・・・足の小指が当たらない靴選び

基本的には、先のとがったデザインだと当たってしまう確率は高いです。できれば前が四角い形をしたスクウェアなデザインの靴を選ぶことをお勧めします。また紐やベルトがない靴だと、足先がどんどん前に滑っていくため、小指側が当たる可能性は高くなります。どうしてもそういった靴を選ぶ場合は、出来るだけヒールも低い靴を選ぶことをお勧めします。

では靴はちゃんと紐靴だし、指先が広いタイプの靴を履いているのに小指が当たる!

という人はどうしたらいいでしょうか?

◆それでも痛い!・・・紐靴や幅広の運動靴でも足の小指が当たって痛い場合

靴選びはちゃんとしているのに、足の小指(小趾)が靴に当たって痛いという方は、足の動き、足の小指側に強く体重がかかってしまう回外歩行が原因だと思われます。足の小指は靴にすごく当たってるけど、親指側はわりと余裕がある、という場合です。

これは自身の骨格の特徴が原因で、甲高の人に多い傾向です。知らないうちに、足の小指側に向かってどんどん体重をかけています。痛いところに自分で向かって押し付けてるわけですね。これではなかなか痛みはとれません。

【応急処置】

もちろん一番良いのは足に詳しい調整ができる専門店に見てもらうことですが、痛くてしょうがないというときには、応急処置で10円で直す方法があります。

1)まず10円玉を用意します。

2)できればセロハンテープを用意。

3)小指のつけ根(骨頭)の下に10円を貼ります。

この場合、中敷きが取れればその裏から。とれなければ直接足の下に来るように、貼ってしまいます。

▲足の小指が当たる時の対処法

 

するとあら不思議。足の小指(小趾)にかかっていた力が抜けて親指側(母趾)にスムーズに回ります。もちろん100円でもかまいませんが金額で効果には差がないのでご安心を・・・。

ただ今回ご紹介したのはあくまで応急処置。歩いているうちに10円玉がどっかにいってしまう可能性もあります。

その意味では、本当は靴の革を伸ばしたり、店舗で総合的に調整することをお勧めします。お店で対応する時はちゃんとしたコルク素材を使って適度なクッション性をつくり、取れないように接着をします。細かい調整ですが、これをやるかやらないかで、履ける靴の選択肢が大きく変わります。

ささいなことでも構いませんので、足のことや靴のことで気になることがある方は、ぜひお店に一度相談にきてください。

 


店舗案内|ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)・バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)・MBTウォーキングショップ(横浜元町)

靴選び / オーダーインソール(中敷き)の作製 / オーダーシューズの作製

PAGETOP