足の症状|魚の目など足の裏の痛み ~開張足〜

足の症状|魚の目など足の裏の痛み ~開張足〜

【足の症状|魚の目など足の裏の痛み ~開張足〜】

足の裏の痛みの中で最も多いのが、足の指のつけ根の角質(タコ・魚の目)による痛みです。タコや魚の目はその部分に継続的に過剰な圧がかかることで皮膚が厚くなることで出来てきます。そのため、まずは足の指のつけ根に体重がかかってしまう「開張足」という状態が、その痛みの根本的な原因ということができます。

>>>足の裏の痛み 足の中指・薬指の痛みはこちら

◆開張足ってどんな症状
足の裏のアーチ構造には3つありますが、土踏まずの内側縦のアーチ、その反対側の外側縦のアーチ、前足部の足ゆびの付け根の部分にまたがる横のアーチがあります。
開張足はその横のアーチが落ちて、足幅が広がり、逆反りしたような状態をいいます。

横アーチの崩れ 開張足

横アーチの崩れ 開張足

 

開張足そのものは、そうした足の状態を指します。どんなに健康な人でも年齢とともに少しずつ前足部が広がってくるので、特に痛みや異常がなければそれほど心配する必要はありません。

ただ逆ぞりして体重がかかる足裏の人差し指・中指(第2、第3趾)の付け根に角質(タコ・胼胝)や魚の目ができたり、足の構造が崩れることで神経圧迫(モートン病)などの痛みが出てくることがあります。また開張足による構造の崩れが進行すると、自身の筋肉が親指(母趾)を引っ張り込み、外反母趾へ移行することも多いので、気になる方は靴選びなどを見直してみるといいと思います。

◆開張足にはどうしてなるの?
基本的には足先である前足部への長期間にわたる荷重が、横のアーチの低下を引き起こします。そのため前足部への荷重を軽減することが予防や痛みを軽減に役立ちます。
また骨格構造を保つ靭帯が男性よりも柔らかい傾向にある女性に多い症状といえます。もちろん生活習慣の違いも関係しており、女性はヒールなど履く機会も多いので、前足部への荷重がかかりやすいと言えるでしょう。

またふくらはぎの筋肉が硬く、足首が硬いと十分な踵接地ができず、前足部への負担が高くなります。またこれは経験的なものですが、前足部荷重が多いスポーツ(剣道や卓球など)を長年愛好されている方は開張足になる傾向が高いように思います。

◆開張足の靴選び
すでに開張足になっており、何らかの痛みがある方は、前足部の負担を軽減することを考えて靴選びをしてください。
ヒールタイプならなるべく低く、しっかり踵着地ができる太いもの。また甲にベルトなどがあり、前滑りのしないもの。前滑りが起こるだけで指先が緊張し、前足部への圧力が高くなります。
カジュアル靴ならヒールタイプよりもリスクはかなり低くなりますが、スリッポンよりもベルトや紐で甲から固定できるものがベストです。。

また靴底には多少の厚みと丸み(反り)があるといいでしょう。欲をいえば靴底がコロンと転がる構造(ローリング構造)になっているものを選ぶと負担が少なくなります。靴底が薄く靴の返りがいいものはかえって足を痛める可能性があります。

◆開張足に対するオーダーインソール(中敷き・足底板)の役割

足裏の横アーチ構造が崩れているので、オーダーインソールやそれに準ずる機能をもつインソールがあれば、足裏の負担を軽減し、これ以上開張足が進まないように予防につなげることができます。また実際に足裏が痛い場合には、インソール(中敷き)は大変有効です。具体的な造りとしては、基本的な土踏まずのアーチの支えとともに、中足骨パットと呼ばれる横アーチ用のサポートを入れ、さらに痛みのある部位にクッションを入れると、多くの場合ほとんど痛みなく歩くことができます。

◆開帳足を予防する立ち方、歩き方

開帳足の予防に効果的なのは足首の柔軟性を保つことが挙げられます。具体的にはふくらはぎの柔らかさを保つストレッチですね。あとは姿勢や歩き方も重要です。反り腰の方などは前傾姿勢になりやすく、前足への負担が高くなります。腹筋側の筋肉群が弱いと反り腰、前足部荷重になりやすいので、体幹のトレーニングなどは遠回りに感じますが長期的に考えれば大変有効です。

※足のゆびは正確には「趾」と表記しますが、当サイトでは一般的なわかりやすさを優先し「人差し指」「薬指」等々と表記しています。

 

オーダーインソール(中敷き・足底板)作製はこちら

開張足に有効な健康靴 フィンコンフォートガンターMBT

※本サイトの記事はあくまで参考情報です。医師の診断を優先してください。


店舗案内|ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)・バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)・MBTウォーキングショップ(横浜元町)

靴選び / オーダーインソール(中敷き)の作製 / オーダーシューズの作製

PAGETOP