足の症状|足の裏の痛み ・開張足

足の症状|足の裏の痛み ・開張足

【足の症状|足の裏の痛み ・開張足】

◆開張足ってどんな症状
足の裏のアーチ構造には3つありますが、土踏まずの内側縦のアーチ、その反対側の外側縦のアーチ、前足部の足ゆびの付け根の部分にまたがる横のアーチがあります。
開張足はその横のアーチが落ちて、足幅が広がり、逆反りしたような状態をいいます。

 

開張足そのものは、そうした足の状態を指します。どんなに健康な人でも年齢とともに少しずつ前足部が広がってくるので、特に痛みや異常がなければそんなに心配する必要はありません。

ただ逆ぞりして体重がかかる足裏の第2、第3趾の付け根に魚の目やタコができたり、足の構造が崩れることで神経圧迫(モートン病)などの痛みが出てくるとそれなりの対応が必要です。また開張足による構造の崩れから外反母趾へ移行することも多いので、気になる方は靴選びなどを見直してみるといいと思います。

◆開張足にはどうしてなるの?
基本的には足先である前足部への長期間にわたる荷重が、横のアーチの低下を引き起こします。
また骨格構造を保つ靭帯が男性よりも柔らかい傾向にある女性に多い症状です。もちろん生活習慣の違いも関係しており、女性はヒールなど履く機会も多いので、前足部への荷重がかかりやすいと言えるでしょう。

またふくらはぎの筋肉が硬く、足首が硬いと十分な踵接地ができず、前足部への負担が高くなります。またこれは経験的なものですが、前足部荷重が多いスポーツ(剣道や卓球など)を長年愛好されている方は開張足になる傾向が高いように思います。

◆開張足の靴選び
すでに開張足になっており、何らかの痛みがある方は、前足部の負担を軽減することを考えて靴選びをしてください。
ヒールタイプならなるべく低く、しっかり踵着地ができる太いもの。また甲にベルトなどがあり、前滑りのしないもの。前滑りが起こるだけで指先が緊張し、前足部への圧力が高くなります。
カジュアル靴ならヒールタイプよりもリスクはかなり低くなりますが、スリッポンよりもベルトや紐で甲から固定できるものがベストです。。

また靴底には多少の厚みと丸み(反り)があるといいでしょう。欲をいえば靴底がコロンと転がる構造(ローリング構造)になっているものを選ぶと負担が少なくなります。靴底が薄く靴の返りがいいものはかえって足を痛める可能性があります。

◆オーダーインソール(中敷き・足底板)

足裏の横アーチ構造が崩れているので、オーダーインソールやそれに準ずる機能をもつインソールがあれば、足裏の負担を軽減し、これ以上開張足が進まないように予防につなげることができます。また実際に足裏が痛い場合には、インソール(中敷き)は大変有効です。具体的な造りとしては、基本的な土踏まずのアーチの支えとともに、中足骨パットと呼ばれる横アーチ用のサポートを入れ、さらに痛みのある部位にクッションを入れると、多くの場合ほとんど痛みなく歩くことができます。

 

オーダーインソール(中敷き・足底板)作製はこちら

 

※本サイトの記事はあくまで参考情報です。医師の診断を優先してください。


ドイツの足の健康靴 赤い靴/疲れない靴・足に良い靴・健康靴とオーダーインソール(中敷き)・オーダー靴の専門店 

横浜元町店 〒231-0861 横浜市中区元町3-132 H`sビル1F  TEL.045-664-2113  

麻布十番店 〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-25 麻布十番ハイツ1F  TEL.03-3479-1192

MBTウォーキングショップ 横浜元町店/姿勢・歩き方をMBTシューズで改善する歩行専門店 

横浜元町店 〒231-0861 横浜市中区元町4-163-3 元町太陽ビル1F  TEL.045-222-6009

バイタルステップ 赤い靴/ドイツを中心とした足に良いヨーロッパ健康靴とインソールの調整の専門店 

平塚店 〒254-0043 平塚市紅谷町12-27 矢嶋ビル1F  TEL.0463-20-4066 

ラスカ平塚店 〒254-0034 平塚市宝町1-1 ラスカ平塚4F  TEL.0463-86-6792 

横須賀店 〒238-0007 横須賀市若松1-15-3 NCワイズ1F  TEL.046-820-2321

PAGETOP