足の症状|足の裏の親指の付け根の痛み  強剛母趾の靴選びとインソール

足の症状|足の裏の親指の付け根の痛み  強剛母趾の靴選びとインソール

足の症状 | 足の裏の親指のつけ根の痛み 強剛母趾の靴選びとインソール

※足の親指の付け根は、正確には母趾球と書きますが、本記事では便宜上足の親指の付け根と表現しています。

足の親指のつけ根のことを母趾球と言いますが、歩いたり立ったりしたときに痛む症状がいくつかあります。代表的なものは

・強剛母趾

外反母趾

・種子骨障害(種子骨骨折)

・痛風

などがありますが、今回は足の親指の痛みで代表的な強剛母趾と、その靴選びやインソールについて説明します。

>>>外反母趾の方はこちら

◆足の親指のつけ根の痛み:強剛母趾はどんな痛み方?

歩いたり立ったりしている際に、足の親指のつけ根(母趾球)に体重にかけるとズキっとした痛みが感じられます。特に足の親指を曲げる蹴り出しの際には、強く体重がかかるため強い痛みが感じられます。痛みがひどくなると、足の親指に体重をかけられなくなるため、歩き方が変わってしまい、膝を痛めるなどほかの箇所への影響が出てきます。

◆強剛母趾はどうしてなるの?またどんな人がなるの?

足の親指のつけ根に体重が強くかかった状態が続くことで、足の親指の骨(第一基節骨と第一中足骨)がぶつかりあい、関節の隙間が少なくなってきます。いわゆる膝の軟骨が減る変形性膝関節症のような状態が足の親指に起きているといえます。外反母趾は15度以上の角度がついている曲がった状態ですが、強剛母趾の場合、骨と骨がぶつかって足の親指の関節が上に盛り上がったような状態になります。自己判断をお勧めするわけではありませんが、親指のつけ根の関節の盛り上がっている部分を隠してみたときに、足の親指が外反母趾のように内側にあまり曲がっていなければ、外反母趾ではなく、強剛母趾の可能性があります。

強剛母趾になりやすい足の傾向としては、足首が硬い甲高のタイプの人に多いトラブルと言えます。足首が硬いと蹴るように歩いてしまうため、足の親指に体重がかかる時間が長くなり負担が増えてしまいます。また甲が高い人は、足の親指のつけ根の骨と、中足骨と呼ばれる足の甲の細い骨がぶつかりやすいため、関節面にかかる負担が高い足型といえます。これはあくまで経験則ですが、この足のタイプの場合、蹴り出す足の利き足(右利きなら右足)に多い傾向があるように思います。

また甲が低くてもアーチ垂下足、外反扁平足の人は、常に足の親指(母趾球)への負担がかかっているため、強剛母趾になる可能性があります。土踏まずが低下してくると、身体の中心に向かって体重がかかってくるため、足の親指(母趾)側へ荷重がかかる時間が長くなります。これも経験則ですが、このタイプの足型の場合、軸足になる足(右利きなら左足)の方に負担がでることが多いと感じます。

◆強剛母趾の特徴は?

強剛母趾のチェック方法は、まず足の親指の関節を。足のの裏から軽く手で押し上げます。これで足に体重がかかったような状態になっていると思いますが、ここから足の親指の先を上に反らすように曲げようとしたときに、あまり曲がらないと強剛母趾の可能性が高いといえます。また、逆に足の親指をグーのように曲げようとしてもあまり曲がらない場合、また関節に痛みがある場合も強剛母趾の可能性があります。

※もちろんこうしたチェックはあくまで目安です。気になる人は医師の診断をうけましょう。

◆強剛母趾にはどんな靴やインソール(中敷き)が良いですか?

【靴選び】

強剛母趾に限らず、外反母趾でも種子骨障害でも足の親指のつけ根(母趾)に過重がかかっていると痛みがでるので、まず足の親指のつけ根に過度に体重がかからないように考えられた靴選びが必要です。よく間違えてしまうのは、良かれと思い柔らかい運動靴を買ってしまうことです。強剛母趾の場合、足の親指を曲げると痛みがでるので、靴の先が良く曲がる運動靴を買ってしまうとかえって痛みが増してしまいます。

靴選びは、できれば靴底はやや硬めで厚いものがおすすめです。また靴が自然に転がるように、つま先が反りあがっている「ローリング」の機能がある靴だと足の親指の負担が少なくなります。極端な例ですが、登山靴のように靴底が硬く、初めから反っている靴は親指を過剰に蹴る必要がないので、強剛母趾には有効です。最近はこの手の靴も増えているので多少選びやすくなっていますが、必要であれば当店ででは普通の靴を改造してローリング仕様に変えることも可能です。 →靴の改造はこちら

【インソール(中敷き)】

解剖学的、医学的に考えられた本格的なインソール(中敷き)であれば、足の親指側にかかりすぎてしまう体重を土踏まず中心に変える効果があるので、それを入れるだけでもずいぶん足の親指(母趾)の負担が軽減されます。ただ、市販のインソールは柔らかいものが多く、十分に親指の負担を軽減できないので、痛みが強い方はやはり足に合わせたオーダーインソール(中敷き)の作製をお勧めしています。厚みがしっかりあるインソールだと、親指の下を削ってスペースを作るなど強剛母趾専用のインソールを作ることができます。

 →オーダーインソール(中敷き)について

◆当店のおすすめ

本当に強剛母趾がひどく、足の親指の関節が痛い場合には、どうしてもインソール(中敷き)だけ、靴だけ、では解決できないことがあります。例えば、柔らかい運動靴にオーダーインソールを作っても、足の親指を強く曲げてしまうので痛みをとる力は半減してしまいます。当店では、軽度の痛みなら既成の優れたインソールを内蔵したローリングのかかったドイツ靴(フィンコンフォートのフィンナミックシリーズなど)をお出しすることが多いですが、それ以上の痛みがある場合は、ドイツ健康靴のインソールをオーダーインソールに変更したり、靴そのものを作る場合もあります。

またどうしてもエレガンス系の靴を履きたい場合には、薄めのインソールを使ったり、直接加工をしたりしてお渡ししています。(ただしこの場合は健康靴やウォーキングシューズほど楽にはなりません)

いずれにせよ、気になるかたは一度店舗にてご相談いただければと思います。

 

※この記事は弊社で培ってきた知識や経験に基づく参考資料です。医師の診断を優先してください。

 


店舗案内|ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)・バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)・MBTウォーキングショップ(横浜元町)

足に良い靴選び / オーダーインソール(中敷き)の作製 / オーダーシューズの作製

PAGETOP