足の症状 | 足裏の薬指・中指の付け根の痛み ~モートン病(モートン神経腫)~

足の症状 | 足裏の薬指・中指の付け根の痛み ~モートン病(モートン神経腫)~

足裏の薬指・中指のつけ根の痛み ~ モートン病(モートン神経腫)~ 靴選びとインソール(中敷き)

今回は足裏の薬指と中指のビリっとした痛みがあるモートン病について、モートン病の靴選び、インソール(中敷き)についてまとめました。

◆足の薬指や中指の付け根が痛い、痺れ、またはビリっとする場合、モートン病かもしれません

この症状はすべての足の指に出る可能性はありますが、最も多いのが第3・第4趾と呼ばれる足の薬指・中指の間です。足の裏の指のつけ根が痛くなったり、体重をかけたときに足の指に電気が走ったように「ビリっ」と痛みが出たり、足の薬指と中指が痺れて麻痺したような感覚になったりします。足の指の神経が骨や地面によって圧迫をうけたトラブルなので、人によって表現が様々です。

「足の中指と薬指が痺れている、感覚がない」

「ヒールを履くと足の指つけ根が痛くなる」

「歩くたびに足の指や付け根がビリっとする」

「体重を足にかけたときにビリッと電気が走るような痛みがある」

「足の指がモヤモヤする、ジンジンする」

「足の指の付け根がズキっとする」

「足の裏全体が痛い」

などなど…

足の裏の神経は手などに比べて鈍感なため、実際にどこが痛いのかよくわからない、という人もいます。もちろん上のすべてモートン病というわけではありませんが、

・足全体が痛いわけではなく特定の足指、特に第3、4趾(中指・薬指)の付け根に痛みがある。押すと少し痛い。

・足裏に角質や魚の目がないのに足指の付け根が痛い

・足の親指から小指まで、手の平でギュッと掴んでみると痛みがでる

という場合は、モートン病あるいはその手前の段階の神経の炎症を起こしている可能性があると言われています。

◆モートン病の原因はなに?

モートン病は足の指(足趾)と足の指の間を走っている神経が圧迫され、炎症を起こすことで痛みや痺れが出てきます。(正確には神経が腫れて神経腫となるとモートン病と呼ばれるので、ほとんどの人がそこまでではなく炎症を起こしている段階といえます。)

特に足の指の中指・薬指の間の神経は2つの神経が交差して太いので刺激を受けやすく、しびれたり痛みが出る可能性が一番高い場所になります。自分ではどこの足ゆびの痛みかわからないことも多いのですが、足の指のつけ根を押していくと痛みの箇所を特定することができます。

◆モートン病はどんな靴を履けばいいの?モートン病の靴選び

私たちは実際に診断をするわけではないですが、痛みの箇所を特定し、どうしてその痛みが出ているか、どうしたら痛みを感じないかを考えて靴選びやインソール(中敷き)を作成をしています。

ちなみにモートン病の靴選びは

1.ヒール系の靴は避ける(痛い場所に過重がかかりすぎる)

2.幅の狭いものは避ける

3.   少し厚底のものや、ローリングソール(反りがある靴底)を選ぶ
 ※ただし靴底が柔らかく曲がりすぎる靴(運動靴など)だとかえって痛む可能性あり

4.インソール(中敷き、足底板)をモートン病・神経炎用に調整できる靴を選ぶ
 ※ただし狭い靴に無理やりインソールを入れると逆に神経が圧迫され痛みが増すこともあります。

という点に気を付けると良いと思います。

◆モートン病にはオーダーインソール(中敷き)やインソールの調整が有効

痛みが強い人は、底が厚めの靴に、土踏まずなどをしっかりと支えるインソール(中敷き)を入れて、モートン病用の調整することをお勧めします。

このモートン病用というのが重要で、モートン病の場合、通常の横アーチ(中足骨)のアーチサポートがついているインソールでは痛みがとれないことが多いです。当店に来られるお客様で、市販のインソールや、オーダーインソール(中敷き)を作っても痛みがとれなかったという方のほとんどが、この通常のアーチサポートのインソールだったというケースです。

当店ではモートン病の調整を数パターン用意していますが、痛みの度合いや場所、靴の種類によって使い分けています。

また、どうしたも仕事上ヒール系の靴を履かざるを得ないという場合、ヒール系の靴はインソールを入れるときつくなることが多いので、直接靴の中底に調整を加えて痛みを出にくくする加工もできます。

◆モートン病の予防

モートン病や神経圧迫は横アーチと呼ばれる足の指の付け根の関節群が崩れてくる開張足から始まると言われています。足先に体重をかけすぎる歩き方、ヒールを履く、などは横アーチが落ちる原因になりやすいので注意が必要です。普段から足指を動かせる位置で立てているかチェックしてください。また、タオル掴みなどの足裏のトレーニングも横アーチの形成の一助となるので、ぜひ試してみてください。

◆最後に

モートン病の靴選びやインソールの調整は、かなり細かい技術が要求されます。その人の痛みの出方や、履きたい靴によって何に気を付けたら良いか、また調整の仕方が変わります。実際に足を見させてもらうことで具体的なアドバイスができると思いますので、詳しくは店舗までご相談ください。

 

※本来足のゆびは「足趾」と表現しますが、本記事では便宜的に「足の指」として表記しています。

※当記事はあくまで参考情報とお考えいただき、医師の診断を優先してください。

オーダーインソール(中敷き・足底板)作製はこちら

 

 

 


店舗案内|ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)・バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)・MBTウォーキングショップ(横浜元町)

足に良い靴選び / オーダーインソール(中敷き)の作製 / オーダーシューズの作製

 

PAGETOP