足の症状 | 踵が痛い・土踏まずが痛い(足底腱膜炎・踵骨棘)

足の症状 | 踵が痛い・土踏まずが痛い(足底腱膜炎・踵骨棘)

踵が痛い・土踏まずが痛い 〜足底腱膜炎(足底筋膜炎)・踵骨棘〜 その靴選びとインソール

足の裏の「踵が痛い」「土踏まずが痛い」場合、代表的な疾患として足底腱膜炎(足底筋膜炎)・踵骨棘が考えられます。ここでは、踵や土踏まずが痛みの原因である足底腱膜炎・踵骨棘の特徴や靴の選び方、インソール(中敷き)についてまとめました。

※その他の土踏まずの痛みや疲れについてはこちら「足の症状|土踏まずの痛みや疲れ~扁平足・アーチ垂下~」

※足底腱膜炎は足底筋膜炎とも言われますが、ここでは足底腱膜炎で統一しています。

◆「踵が痛い!土踏まずが痛い!」足底腱膜炎・踵骨棘はどんな痛み?

足底腱膜炎・踵骨棘の痛みは、歩き出しや着地時の踵や土踏まずのズキっとした痛みから、常にジンジン痛むという方まで様々です。当店も多くの足底腱膜炎や踵骨棘のお客様のインソール(中敷き)や靴をご案内してきていますが、傾向として最初は一時的だった痛みが徐々に慢性化していくケースが多いようです。

その中で、よくお客様が言われるのが、「朝一番の歩きだしで、踵や土踏まずにズキっとした強い痛みを感じる」というものです。初期の方ですと、その後少し歩くと徐々に落ち着いて来るという方が多いのですが、放置してしまうと、歩いているときも立っている時も痛くなってきます。

また、痛みの箇所は踵が痛むケースが最も多いですが、土踏まずそのものが痛い方もいらっしゃいます。

踵の痛みの場合、感覚としては踵全体が痛いという感じがするようです。ただ実際は踵全体ではなく、ポイント的に炎症をおこしているケースが多いと言えます。手で押していくとわかるのですが、足底腱膜の終着点である「踵の裏の少し内側」を押すと強い痛みが感じます。その周りはよくよく触ってみるとそれほど痛いわけでないことがわかります。痛みは放散することと、着地時に体重がかかるのは足の外側なので、踵全体やあるいは踵の外側、土踏まずの外側が痛いと感じてしまうことも多いようです。

土踏まずが痛いケースでは、足指を反らせて土踏まずの筋肉(腱膜)にテンションをかけてから土踏まずを押すと痛みの箇所を確認できます。

痛みの場所は、踵側の土踏まずの一番深いところや、真ん中の部分など、筋膜のどこにでも出る可能性はありますが、踵の痛み同様、押してみると実はポイント的な痛みであることが多いです。また触ってみると痛む箇所がコリコリと少し硬くなっている場合もあります。

ちなみに踵の痛みも土踏まずの痛みも足底腱膜の炎症が原因なので、足底腱膜炎と呼ばれています。また、その中で特に踵の骨に棘のような骨ができてくるものを踵骨棘と呼んでいます。

足底腱膜炎(踵と土踏まずの痛み)

 

◆踵や土踏まずが痛くなる足底腱膜炎・踵骨棘は何が原因?

お客様に痛みが出る前の話を聞くと、いつもより歩きすぎたり、長時間立ったりした日があったというケースが多いようです。また急激な体重の増加があった、という方もいらっしゃいます。こうしたことは足底腱膜炎や踵骨棘のきっかけになると考えられますが、そもそも足底腱膜炎や踵骨棘が起きるメカニズムはどうなっているのでしょうか。

足底腱膜炎は、「足底腱膜」という足指(足趾)の付け根から踵の付け根まで足裏全体を支えている筋肉の膜が、強い上からの負荷で引っ張られることで、腱膜自体が傷ついたり、踵に着いている「腱膜の付け根・腱」の部分が炎症を起こして痛みを発生すると言われています。足裏の「足底腱膜」は全体重を支ええている足の最も緊張が高まる部分です。歩きすぎたり、体重増加で足裏の荷重が高くなると縦アーチが崩れ、足底腱膜が傷ついてしまいます。ちょうどゴムバンドのようにピンと張った筋肉が、さらに伸ばされて真ん中が切れたり、根本の方が切れてしまうイメージです。中には足底腱膜の付着部の腱が引っ張られて骨から剥がれてしまい、その隙間に骨(骨棘)を形成する場合もあります。この場合、足底腱膜炎とも踵骨棘(しょうこつきょく)とも呼ばれます。

若い人よりも中高年に多い病気ですが、これは筋繊維を包む筋膜が年齢とともに柔軟性を失い固くなってくるため、引っ張られた際に十分に伸びてくれず、断裂したり傷つきやすいことが一因のようです。

足底腱膜炎の原因

▲足底腱膜炎の原因

 

 

◆足底腱膜炎・踵骨棘の靴選びとインソール(中敷き)

足底腱膜炎や踵骨棘に対しては、長期的に考えると足底腱膜炎や踵骨棘用に作られた立体的なオーダーインソール(足底板・中敷き)は有効な手段の一つです。

理由としては、足底腱膜炎や踵骨棘の土踏まずや踵の痛みは長期化することが多く、その理由の一つに炎症の部位を安静にできない、ということが挙げられると思います。仮に手に同じ症状が発生した場合、痛みがとれるまで休ませることができますが、足は歩くため常に患部に体重や圧力が一日中かかることになるため治りも遅くなってしまいます。

慢性化の流れとしては

①日中歩いて足底腱膜に負担がかかり、筋膜を傷つける

②夜寝ている間は、体重がかかっていないため安静状態になり、身体が炎症部位を修復

③朝の一歩目で修復したはずの足底筋膜に体重圧がかかり、また足底筋膜を傷つける

というサイクルを繰り返しているといえます。

逆に言えば、②の夜寝ている間と同じ状況を長く続けてあげると、比較的早く足の痛みが軽減されると推察されますが、これがまさにオーダーインソール(中敷き)、またの名をフットベットと言われる足裏の立体構造を支えるインソールの役割です。オーダーインソール(中敷き)や靴は直接「足底腱膜炎」を治すわけではありませんが、炎症部分にかかるかかる体重圧を軽減することで、自然治癒を早める保存的療法の一つです。

実際、当店も病院や店舗に来られるお客様にこの症状でオーダーインソール(足底板・中敷き)を作ることは非常に多いですが、インソール(中敷き)を入れてもらうと、痛みの箇所に体重がかからないため、すぐに楽に感じてもらうことができます。

またインソール(中敷き)の効果を高めるためにも、靴選びも当然重要になります。

足底腱膜炎に効果を発揮するインソール(中敷き)には5㎜ほどの厚みが必要になります。また、せっかくインソール(中敷き)が良くても、靴がグニャグニャだと十分な効果が発揮できません。足を安静に保つことが目的ですから、柔らかい靴(軽い靴が多い)は足が自由に動きすぎてしまい、インソール(中敷き)で足を安静化しようとしていることを相殺してしまいます。靴底が薄かったり、グニャグニャと雑巾のように絞ることができる靴は、足底腱膜が伸ばされる一因になるので避けた方が良いと思います。

—————————————————————

【足底腱膜炎の靴選び まとめ】

①5㎜ほどのインソール(中敷き)が入るスペースがある

②靴底にある程度厚みがある。

③靴底の後足部(踵から土踏まず)がグニャグニャしない

④蹴り出し時の足底の緊張や負担を軽減するローリング機能(靴底がコロンと回る機能)がある

⑤紐靴やベルトのあるものがおすすめ。スリッポンタイプを避ける

————————————————————-

以上の点を考慮されると良い靴選びができるかと思います。

また、上記の条件を満たす靴だとドイツ健康靴や比較的厚い中敷きが敷いてある底の厚いウォーキングシューズがおすすめです。

▲足底腱膜炎のインソール

 

◆足底腱膜炎・踵骨棘はよくなりますか?

あくまで当店のお客様や訪問している患者様のお話ではありますが、基本的には炎症を起こして痛みがでているので、炎症が治まれば痛みもひいてくるようです。痛みがなくなる時間は個人差があるのではっきりしたことは言えませんが、1か月で良くなった、1年かかったという方もいれば、インソールをいれた靴を履いていれば痛くないが、他の靴だと痛いという方もいらっしゃいます。ただほとんどの方が最終的には痛みが治まっている印象です。しかしながら、足が良くなっても、足底腱膜炎や踵骨棘になりやすい人はまた長時間立ったり歩いたり、体重が増加したりすると再発する可能性があります。足裏やふくらはぎのストレッチなど柔軟性を保つことや、普段からインソール(中敷き)が入った靴を履くことで予防につながります。

 

◆最後に

以上、踵や土踏まずの痛みの原因になる足底腱膜炎・踵骨棘についてと、その痛みを軽減する方法として靴選びの方法やインソール(中敷)についてまとめました。少しでも参考になれば幸いです。

ただやはり足は個人差があるものです。その人の体格や靭帯の強さ、筋肉の硬さや柔軟性、痛みの箇所、痛みの強度によって勧める靴やインソール(中敷き)の作り方も細かく変わります。実際に足を見せてもらえるとより具体的なアドバイスができますので、詳しくは店舗までご相談ください。

 

踵の痛み(足底腱膜炎・踵骨棘)

 

 

◆土踏まず・踵の痛みに有効なオーダーインソール(中敷き・足底板)作製はこちら

◆土踏まず・踵の痛みに適したドイツ健康靴 フィンコンフォートガンター

※当記事はあくまで参考情報です。医師の診断を優先してください。


店舗案内|ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)・バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)・MBTウォーキングショップ(横浜元町)

足に良い靴選び / オーダーインソール(中敷き)の作製 / オーダーシューズの作製

 

PAGETOP