靴加工例 | 足の長さに左右差がある方へ

靴加工例 | 足の長さに左右差がある方へ

足に良い靴・疲れない靴・健康靴の専門店「横浜元町のドイツ足の健康館 赤い靴」元町本店です。

今回は既製品のサンダルを加工させていただきました!

どういう加工かというと・・・・・・

弊社のようなドイツ健康靴屋ではもはや日常茶飯事レベルでやっている、脚長差の調整です。

脚長差とは、左右の足の長さに差があることをいいます。

先天性だったり後天性だったり原因はさまざまですが、件数としてはかなり多いです。

そして、腰痛や膝痛などでご来店された方が、実は脚長差があった!なんてこともあります。、無自覚の方も多い症状ですね。

ただ単に長さの差を埋めるのは簡単ですが、弊社スタッフはお客様・患者様によって微妙に加工を変えています。

歩容をチェックした上で、どれくらい底を広げて安定感を出すか調整したり、つま先がひっかかりにくいように削り出す形状を変えたり、使う材料の重さも変えたりしています。

実は今回のサンダルも、元々付いているソールが重いので、高さを足さない方も削って軽量ソールを貼りなおしています。

「やらなくてもいいけど、やってあると使い心地が良くなる」というところまでやってあるんです。

HP担当の私は、技術スタッフのこういう姿勢を見るたびに「頑張らねば!」とやる気が湧いてきます。

どの業界でもそうかと思いますが、こういう技術系の細かな思いやりってなかなかお客様へ伝わりにくいですよね・・・・・・。

今回は甲周りのベルトも延長したり作り替えたりしています。

余ったら邪魔な部分はカットできるように、ほつれ防止ミシンが入ってます!

たくさん使ってあげてください!

詳しくはこちらの紹介ページもご覧ください。


|店舗案内|

ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)

バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)

MBTウォーキングショップ(横浜元町)

|業務案内|

足に良い靴選び

商品紹介

オーダーインソール(中敷き)の作製

オーダーシューズの作製

ご相談・お問い合わせ

PAGETOP