靴選び|自分の足のサイズ

靴選び|自分の足のサイズ

今日は「靴選びのコツ〜自分の足のサイズ〜 」についてです。

普段からたくさんの方の足のサイズを測るのですが、よく思うのは自分の足のサイズがちゃんとわかっていない人は結構多い、ということです。 

特に男性はほとんど間違っています。。。自分のサイズを正確にわかっている人は年に数人しか会わない印象です。
先日も「26cmの靴を探している」という人の足のサイズを測ったら24.5cmでした。個人的には、男性だとだいたい1cmくらい自分の足を大きく考えている人が多いように思います。

女性の場合は逆に23cmという人のサイズを測ると23.5cmだったり、少し小さく考えている人が多い印象です。

もしかしたら男性が足を大きく見せたいのに対し、女性が小さく見せたい、という心理があるのかもしれませんが、実際はそれだけではないように思います。

どうしてこういうことが起こってしまうのか自分なりに考えると、男性の場合、甲が高く、足幅がやや広い人は大体大きいサイズを履いてしまいます。結局幅でサイズを選んでいるんですね。

またスポーツシューズ(スニーカー)や運動靴など紐靴を履く機会が男性は多いと思いますが、運動靴はサイズ通りに履くと指先のゆとりがないことが多いので、ここでも大きめの靴を履いてしまうのではないでしょうか。また紐靴だと大きすぎて脱げるということもないので、これも拍車をかけているように思います。かくいう私も、若い頃は25cmの足なのに27cmの靴を履いてましたね。。。

こうした経験から、測ったサイズではなく、今まで履いてきた幅があうサイズや運動靴のサイズを自分のサイズと勘違いしてしまうのだと思います。

女性は比較的サイズをわかっている人が多い印象ですが、細い足の人はサイズを間違えていることがほとんどです。これも足の長さより、幅のフィット感でサイズを下げて履いてしまうのかなと思います。よく見ると足の先が曲がって小さい靴仕様になってしまっている、なんて人もよく見かけます。

当店では足のサイズを測るのは当たり前のことですが、普通の靴屋さんではサイズを図らないことが多いのではないでしょうか?

やはりお店に行ったら足のサイズを測り、幅の広さによってウィズ(幅)展開があれば適切な幅の木型を選んだり、若干のサイズ(長さ)の余裕をとる、というのが良い選び方だと思います。もちろん、それに調整を加えてフィッティングを良くしてもらえればベストですね。

自分のサイズをしっかり理解して靴選びをすると、例えば「この靴は幅がピッタリだからサイズ通りにした」「この靴はサイズ通りだと少しきついので大きめにした」という自分なりの基準が持てるようになり、次の靴選びがより良いものにつながっていくと思います。

 

>>初めての方へ(靴選び)

 


ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)

バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)

MBTウォーキングショップ(横浜元町)

の店舗案内はこちら

PAGETOP