オーダーシューズの作製風景 | 底付け

オーダーシューズの作製風景 | 底付け

足に良い靴・疲れない靴・健康靴の専門店「横浜元町のドイツ足の健康館 赤い靴」元町本店です。

弊社では、関節リウマチや脳性麻痺などで変形が強く、既成販売の靴が履けない方へ向けて、オーダーシューズの作製をおこなっております。(詳しくはこちらの紹介ページもご覧ください。)

今回は毎月2回靴外来で訪問させてもらっている横浜市港南区上永谷のかず整形外科クリニックさんで、納品させていただく予定のオーダーシューズの製作過程です!

これはちょうど靴底をつけている最中になります!

大きめに靴底の材料を貼り、ここから削り出して靴底を整形していきます。ちょっとした一撫での削りでミスしてしまうと、あとあと靴底の形がおかしくなってしまうため、靴の底付けは一工程たりとも気の抜けない作業です。

もともと脳性麻痺もあり、足部はかなりの偏平足(扁平足)ですね。足部のバランスが崩れることで変形性膝関節症の症状も出ており、膝の痛みも出ているそうです。

 

お分かり・・・いただけますでしょうか!?(まだ途中ですが)靴底を拡張し横揺れへの安定感を確保しつつ、爪先にかけて自然に流れるように形状を作り、歩いていてつまづかないように調節しております。

 

ローリング加工と呼ばれる方法で、整形靴ではよく行う加工です!技術者の腕によって左右される削り出しで、手前味噌ですが、弊社技術スタッフは上手いし早いです!記事担当のわたしも学生時代に習った技術ですが、正直難しくて何度もやり直しをくらった記憶があります・・・懐かしい・・・。

デザインがハイカットタイプなので、脱ぎ履きの時にベロ部分が中に丸まって入らないよう、マジックテープで滑り止めをつけています。小さなことですが、あるとないのでは快適さが全然違います。使う方の目線に寄り添ったオーダーシューズ作りが、私たちの目標です。

 


|店舗案内|

ドイツの足の健康靴 赤い靴(横浜元町)

バイタルステップ 赤い靴(平塚・横須賀)

MBTウォーキングショップ(横浜元町)

|業務案内|

足に良い靴選び

商品紹介

オーダーインソール(中敷き)の作製

オーダーシューズの作製

ご相談・お問い合わせ

PAGETOP